人工乳房の種類と特徴

美容整形として行われる本格的な豊胸手術には、人工乳房が用いられます。人工乳房には様々な種類と、それぞれに特徴や性質がありますので、自分の希望や理想に合ったものを選ぶといいでしょう。

まずは、シリコンバッグです。これは古くから美容整形で使われていましたが、破損して中のシリコンが漏れてしまうなどの事故がありました。そのためアメリカの厚生省であるFDAが使用中止を求める事態にまで発展したのですが、その後の調査で乳がんなどに繋がる要素はないと判断され、今でも多く使用されています。このシリコンバッグを改良したものが、コピーシブシリコンバッグです。この人工乳房の特徴は、液漏れの心配がない点と、その柔らかさです。開発当初は柔軟性に難があったのですが、今では自然な柔軟さを持つ最も人気のあるバッグと言えます。

また、シリコンではなく生理食塩水入りのバッグも高い人気を誇っています。これは、中身が生理食塩水ですので、万が一漏れた場合も身体に影響を及ぼしにくく、安全性の高いバッグなのです。手術時も、切り口が小さく、傷も分かりにくいことも人気の理由でしょう。このように、人工乳房は技術開発が進んでいます。今や、安心して自分の望む大きさと形を、人工乳房で手に入れることができるのです。